2015年10月 2日 (金)

お別れ。

最後の夜は買い物に出かけました。
生活用品と分別用の大きなゴミ箱を買いました。
長いものだったのでドアから入れるつもりでしたが、トランクにすっぽり入ってしまいました。
トランクについてはクーペとは思えない優秀さで、これまでもとても助かっていました。
1443711528773_2

打ち上げ花火がしたくなってドンキで購入後、河原に行って花火をしました。
月が出ていてとてもきれいでした。
帰り道、最後の給油と洗車をしました。
1443711483048_2
1443711445081

最後の朝。
早朝からドライブに行きました。これまで書いていなかったと思いますが、
私は林道マニアで、山道によく入り込んでいました。
車高がそれなりにあったこと、無理なエアロがなかったこと、LSDがあったことでダートを楽しむことができました。
これからはもう行けなくなるであろう場所に記念に行ってきました。
1443716101688_2

それから写真をたくさん撮りました。
1443711562676_2
1443711640234_2

実家に行って最後の分解。
HIDとオーディオヘッドなどを外し、ステアリングを使い古したMOMOに交換。
また洗車をしました。

午後は雨が降り出しました。
約束通り、廃車手続きをしてくれるお店に行きました。
 実印
 印鑑証明
 免許証のコピー 
 リサイクル券
 車検証
私は引っ越しているので住民票も用意しました。

LSD等、外せなかった部品についても買取交渉をしましたが無理でしたが、
事前の見積もり通り、30,000円の買取価格+税金などの戻りとなりました。
お店にいたのは10分もなかったと思います。
現車確認もありませんでした。
1443711100442_2

鍵を渡し、お店を出ました。
涙が出てきました。
リアスポイラーにちょっとだけ触って、泣きながら連れの車に乗りました。
もう自分の車だったトレノを見ることはできませんでした。

22年間はとても長かったと思います。
車のトラブルだけでなく、人とのトラブルや関わりもありました。
失ったもの、得たものもありましたが、今は失ったものが大きいです。

2時間後、
これから乗る車の受け取りに行きました。
もともといろんな車に触れてはいるので、どんなインターフェイスでもそれなりには慣れると思います。
けれど、構造は妥協です。

世の中にないものを求めても仕方がありません。
今選択できるものから選ぶしかありません。

今までありがとうございました。

2015年9月30日 (水)

明日お別れ。

明日、長年乗ってきたAE101トレノとお別れです。
初年度登録されてから22年315日
所有してから22年88日
走行距離はメーターを交換しているため、
旧メーター17,419km
新メーター165,622km(+)
合計183,041km(+)となります。
1443588267646
外せるものは外し、支度をしています。
ホーンが鳴らなくなったり、ウインカーが戻らない原因がわかったりと、
最後まで気が抜けません。

何度も記念のドライブをしました。
そのたびに、もうこの感覚をなくしてしまうのかとさみしく感じます。
自分らしさを失うことが不安です。

明日、AE101をしかるべき業者に預け、その足で新しい車を受け取りに行きます。

2015年9月21日 (月)

-生存報告2-

あまりいいタイトルが思い浮かびません。

次の車を決めてきました。
候補にしていたインプレッサのセダンやスイフトスポーツは想像以上に後席への間口が狭く、
ごくありふれた、最近よく見る車に決めてきました。
(書くかどうか悩んでいます)

私はスポーツカーや突出した部分がある車に乗り続けたいですが、
生活も捨てられないです。
要求を満たせる車がない中で『この先数年の生活優先』としました。

AE101を直して乗ることも予算としてはできますが、
この先の耐用年数と税金で、
レトロカーとなってしまった車を維持するのは難しいと判断しました。

この数年悩んではいましたが『希望に合う車は世の中にない』と気づいた時、
決定(あきらめ)は一瞬でした。

シルバーウィークに入ってしまったこともあり、
AE101を任せる場所はまだ決まっていません。

新しい車の納車も、警察様の処理待ちでおおむね9月下旬としか決まっていません。

記念にもういちど、富士スピードウェイを体験走行という形で走ってきました。

外せる部品は外し、資金とするつもりですが、
最も気に入っているLSDや、
苦労したブレーキやクラッチのステンメッシュホースは外すことができません。

何か一部を手元に残しておこうなんて気持ちは全くありませんが、
思い出と未来への希望として写真はたくさん残すつもりです。
Photo_1004_2

2015年9月10日 (木)

-生存報告-

車が整備できない環境になって一年半がたちました。
乗りっぱなし、洗車もできない環境で一気に劣化が進みました。
製造から20年以上たったレトロカーにこの環境は酷だったようです。

外装では塗装のハガレとくすみ。
ヘッドライト光量ギリギリ。
内装面ではシートの破れ、ウレタンの劣化。
エアコン完全にダメ。(レトロフィット全交換で17万円くらいとのこと)
機能面では左アーム周りから明らかな異音。
修理したはずの場所からオイルにじみ。
ウインカーが戻らない。など。

車検は11月なのでもう決めなければならないのですが、
今の生活と選べる常識の範囲では、どの車を選んでもダウングレードです。

特にLSDと回避性能を失うことが不安です。

86のMTにも再試乗しましたが、後部座席が使い物にならないことが問題です。
(中古なら予算的にはまあなんとか。。。。)
鷹目世代のインプレッサのようなスポーツセダンが手に入ればいいのですが、
いいと思う車は軒並み古くなっていて買えません。

少なくともミニバンやワンボックスや軽カーは選ばないですが、
AE101を手放すことは確実です。

2015年4月 6日 (月)

2015年3月23・24日 SUPER GT メーカ合同テスト

3月24日のほうに行ってきました。
http://www.fsw.tv/freepage/1099/

平日に休みが取れ、何かしないとと富士スピードウェイのカレンダーを見たら、
内容も良さそうだし、連れも面白そうだと言ってくれたので出かけてみました。

2回ほど富士スピードウェイに行った事があったのですが、
自分で運転していったことはなく、ナビなしの私の車で行ったので迷ってしまいました。
パドックウォークの時間を目安に出かけたのでそれほど焦りませんでしたが…

このイベントのいいところは、
お値段が安い。普段お金が必要なところも無料で入れることです。

テスト走行の見学→パドックウォーク→体験走行(別料金)に参加しました。
パドックウォークでは車の展示と(サービスがあるチームでは)選手のサイン等が行われました。
私はそれほど詳しくないので遠目にカメラを向けた程度でしたが、
谷口信輝選手や脇坂寿一選手を見ることができました。
こういった写真はupしていい物なのかどうか…
車の写真だけにしておきますが、どの車もボンネットを上げての展示でした。
ライトユーザーの私でもミク車の全身写真は欲しかったり…
Dsc_0219
Dsc_0249
Dsc_0269

次は体験走行です。
特別な装備はいりません。
ヘルメットも不要。
私はサーキットは走ったことがありません。
テレビでもあまりレースを見ないのでコースをまったく知りません。
時間になったら集合場所に15台ほどの列を作って並んで待ちます。
前はインプレッサのクーペ、後ろはハコスカ(?)でした。
何の説明もなく先導車つきでピットロードへ。そこでしばらく待機してからコースイン。

せいぜい60km程度で流すのだろうと思っていたらどんどん速度が上がり、
3周目のストレートではメーター限界の180kmを超えましたsweat02
連れは喜んでいましたが、
私はコンディション不明の車が混在するコース上がどんな状態になるのかを想像して、
結構緊張していました。
一人だったらまだ気楽だったのですが…
追突しちゃうのもされるのも怖かったし。

タイヤカスや謎のパーツもコース上に転がっていましたし、
ライン取りやコースもわからないので、あまり上手には走れなかったけど楽しかったです。
あれだけ広いコース幅を活かしてもアクシデントが起こるのだから、
公道のレースごっこは危ないんだなと真面目に思ったりしました。
WRCの選手は変態ですね(褒め言葉

AE101をサーキットで走らせることができてよかったです。

2015年2月 9日 (月)

(´・ω・`)

なんとかblogを書きたいとは思うのですが、環境が整わないです。
1423413865905
↑マグネットスイッチの戻りが悪くなる定番の症状に対応中な写真

blogを書く環境もですが、
車を整備できる環境がなくなってしまいました。

車検で光量がギリギリだった事。
エアコン関係をレトロフィットで全交換しないといけない事。
(17万円くらいの見積もりだったような)
フロントのアーム固定部分をちゃんと直せていない事。

お金も時間も都合がつかず、いろいろ考えています。
今年の後半にはまた車検です。

庶民には物を大事にしつつ良い状態を保つのは難しいようです。

また何か書いていきます。

まだblog書いてる人っているんだろうか??

2013年7月 2日 (火)

引越しかなぁ…

blogの話ですけど。

ココログを使ってる理由としてプロバイダがあります。
このブログはココログベーシックで、
特定プロバとの契約で@nifty接続会員でなくても、
広告ライトオプションくらいのスペックを使う事が出来ています。

今回、プロバを変えることになりました。
私の住んでいるところは田舎ですが、電話会社が3件も乗り入れてるそうで、
安売り合戦中なのです。

プロバイダ×電話会社=
という事で、これまでは回線を変えてもプロバは変えずにやってきたのですが、
毎月の支払額の差を考えると切り替え時という流れになりました。

で、ココログの話です
プロバが変わり@nifty接続会員ではなくなりますので、
データ移行して解約となるのですが…

ベーシック(解約)→フリー+広告ライトオプション(262.5円)でも検索経由だと広告が出るとか。
ベーシック(解約)→フリー+オプションパック(735円)
このあたりが納得できる線か、または他ブログに移行か…

実はあまりココログが使いやすいとは思っていないのですが、
他にココログフリー、飴、ヤフ、livedoorなども使っていまして、
無難なところがココログだなぁと思われます。

時間もあまり無いのでとりあえずフリーに引っ越しておく必要がありそうです。
(´・ω・`)

Photo_023

2013年6月17日 (月)

パワーウインドウ 壊れた3

外した部品を観察します。

Photo_022
ローラー部。
欠けた部品がグリスで付着していました。

Photo_025
ガイド部は経年でガタガタです。

Photo_027
ワイヤーの端がかかる部分。

Photo_009
ワイヤーは部分的に折れ、ささくれがありました。

終わりです。

ドアミラー裏のカバーを戻していなかったりします。
理由は取り付けるときに固定部分が入らず、
何度も挑戦しましたが結局部品が割れてしまったからです。
以前も書きましたが、自動車は効率よく組み立てるための構造で、
分解や整備のことはあまり考えていない造りですから仕方がないですね。

以前解体屋で入手した部品を取り付け予定ですが、
折れた残った部品を除去して、一部を両面テープ止めにしようと考えています。

パワーウインドウ 壊れた2

直しました。

パワーウインドウの故障は、
レギュレーターモーター、ワイヤー、ワイヤーのガイド部、
サッシュやパッキンといった枠部分で発生するようです。

今回はワイヤーとガラスを固定しているプラスチック部分が壊れて、
ワイヤーを固定する事が出来なくなっていました。

修理できるものでもなく、交換しかありません。

パーツリストで眺めて検討しましたが、ワイヤー+レール+ガラス固定部のセット。
+レギュレータ(モーター)込みの設定があります。

レギュレーターもいずれ力がなくなり窓を上げられなくなるでしょうけど、
部品としてはかなり値段が高く、今回はワイヤーのみの交換としました。
ヤフオクで中古も探しましたけど、なぜか101クーペ用はありませんでした。
この部分の中古は選択するべきではないと思いますが…

部品共販で取り寄せとしました。

その間、ドンキのガムテは問題なく耐えましたb
Photo_016
窓を中間位置で固定するときも使いました。

部品構成はこんな感じ。
Photo_012
Photo_014
キャップ周りのデザインが変わっています。
汎用性を高めたのか、不具合があって改修されたのか??

Photo_017
説明は特にありませんが、
ワイヤーが巻かれている部分に『部品ではないケース』があることや、
ワイヤーの巻き数があることなどから…
Photo_020
Photo_021
こんな風にワイヤーが外れないように組み込むんだろうな。と考えられます。

Photo_030
元に戻して完成です。
実際にはバラすより戻す方が面倒です。
レギュレーターは無事だった様子で問題なく使えています。
今のところは。ですけどね。

続きます。

パワーウインドウ 壊れた

壊れました…

雨が降り出しそうな夜のこと。
走行中に窓を閉めようとしたら「バキィィィン!!」という景気がいい音ともに、
窓がゆるゆると下がって行きました。

平成四年に作られたこの車でパワーウインドウ周りが壊れたのはこれが初めてです。
優秀だと思います。

スイッチを操作するとモーターとワイヤーが動く音がしますが、
窓が動きません。
車から離れられません。雨が降ったら困ります。

そこで、大至急の仮修理が必要になります。
(普通の人は工場に依頼しますw)

ドンキの駐車場に乗り入れてドア内張りを外します。
この作業は慣れているので、私は車載工具でも出来ます。
今回は暗い場所+同伴者も居たのですばやい作業が要求されました(。-`ω´-)ンー
面白がって見ていましたが…

ワイヤーは下側のみつながっていて、
ワイヤーのケースが割れてワイヤーが飛び出していました。
スイッチを操作して窓を『閉じ』側にしてワイヤーを伸ばし、
何とか手で窓は上がりました。

上げきったところでドンキで買った布ガムテ(黒)で窓とサッシュと固定しこの日は終了。
Photo_006
ドンキで売っていた布ガムテは優秀で、雨が降っても大丈夫でした。
続きます。

«スイフトスポーツ試乗。